暑い日にピッタリ!ピリリ麻婆豆腐

ムダ毛抑制には大豆イソフラボンがよいとされていますが、代表的な食材のお豆腐を使ったレシピをご紹介します。
お豆腐料理はたくさんありますが、その中からピリ辛料理でもある麻婆豆腐をご紹介します。

毎日暑い日が続いていますが、暑い日だからこそ辛いものを食べてしっかり汗をかきませんか?
クーラーに甘えていると汗腺もうまく働かなくなるそうですよ。

この麻婆豆腐は、作り方もとっても簡単ですし、辛さもお好みに合わせて調節可能です。
ムダ毛を抑制しつつ、しっかり食べて夏を乗りきりたいものです♪

ピリリ麻婆豆腐

〈材料1人分〉
豆腐 1丁(150g)
豚ひき肉 30g
にんにく 1片
しょうが 1片
長ねぎ 1/2本
豆板醤 小さじ1
●酒 大さじ1
●甜麺醤 小さじ1
●醤油 小さじ1
●鶏がらスープのもと 小さじ1/2
●砂糖 小さじ1/2
●水 130cc
水溶き片栗粉 適量
ごま油 大さじ1/2

〈作り方〉

  • STEP.1
    炒める
    長ネギ、にんにく、生姜はみじん切りにします。
    フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、みじん切りにしたにんにく、しょうが、長ねぎを炒めます。
    香りが出たらひき肉を加えて、色が変わるまで炒めます。
  • STEP.2
    辛さ調節はお好みで

    さらに豆板醤を加えて炒めます。

    ●の調味料を加えてひと煮立ちさせます。

  • STEP.3
    煮る

    豆腐を手でちぎりながら加え少し煮ます。

    最後に水溶き片栗粉でとろみを付け、仕上げにごま油、ねぎを入れたら出来上がりです。

冷蔵庫に欠かせない豆腐

どの家にも、冷蔵庫に必ず入っているものってありますよね?
我が家はチューブの生姜やニンニク、わさび、マヨネーズやケチャップ、ソースなどの調味料はもちろんなのですが、卵と豆腐は切らしたことがありません。

豆腐は剛毛一家のマストアイテム。
しかもヘルシーながらも高たんぱく、と体にも最高の食材です。

時には冷ややっこに、お味噌汁に、ハンバーグに入れてかさまし&ヘルシーにしたり、用途も沢山あります。

何年か前に、豆腐ブームみたいなのがありましたよね?
私はそのころまだ独身で一人暮らしをしていましたが、やたらと高価なこだわり豆腐を買ってみては食べ比べをしていました

そして最後には飽きてしまったという・・・。

結婚してからは豆腐は必ず常備。
特に娘が生まれたころからは大切にしている食材ナンバーワンといっても過言ではありません。

卵もしかり。
アレルギー体質が懸念されていた7歳息子は、食材のアレルギーはいまだない様子。
食べ過ぎを恐れつついるんですが、無類の卵好きなんですよね。

朝起きてくると、「めだ」=目玉焼き、「かけ」=卵かけ をベースに、朝食の注文をしてくるんです。
そのため絶対に卵も切らすことができません。

大豆製品よ、薄くしておくれ

抑毛効果のある食材を調べていると、大豆製品はからなずピックアップされています。
納豆、味噌、豆腐、豆乳、湯葉、油揚げ、厚揚げ、おから、きなこ

どれもこれも美味しくなるものばかりです。

あわよくば体毛が薄くなりますように
旦那の髪の毛はこのまま持ちますように・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。