焼いたら冷蔵庫で一晩冷やすだけ!簡単ヨーグルトケーキ

低GI値食品も抑毛にいいとされていますが、その中からヨーグルトを使ったレシピをご紹介します。
プレーンヨーグルトをたっ~ぷり使ってスイーツに仕上げました。

なんといってもヘルシーですのでたくさん食べてしまっても罪悪感のないスイーツですよ♪

作り方も、材料をボウルで混ぜたら、あとは型に流し込んで焼くだけなので、思い立ったらすぐに作れてしまうスイーツです。
冷蔵庫で一晩冷やせば、夏にもぴったりひんやりスイーツの出来上がりです。

是非ご参考になさってくださいね。

材料〈1台分〉

・プレーンヨーグルト 400g
・ホットケーキミックス 100g
・砂糖 80g
・卵 2個
・サラダ油 大さじ3

〈作り方〉

  • STEP.1
    予熱・準備
    オーブンを180℃で予熱しておきます。
    型にバター又はサラダ油を塗って粉をふるうか、クッキングシートを敷いておきます。
  • STEP.2
    混ぜる
    ボウルに材料を全て入れ、しっかり混ぜます。
  • STEP.3
    焼く
    型に流し込み、180℃で予熱したオーブンで60分程度焼いたら出来上がりです。
     
注意
※ご家庭のオーブンによって焼き時間が異なることがありますので、焼き色を見ながら調節してくださいね。

甘めがお好きな方は砂糖100gまで増やしていただいてもOK!
砂糖の代わりにジャムを入れるのもおすすめですよ。

我が家のデザートにヨーグルトが活躍するワケ

知ってます?

ヨーグルトってね、ムダ毛が濃い人にはとっても嬉しい食材なんですよ。

いわずもがな、私たちの体は食べたモノでできています。
青魚や大豆製品に、抑毛効果が期待できる~なんてことが言われているとともに、食べ過ぎると毛深くなる?なんて言われている食材も。

難しい話をすると、ホルモンに影響するかららしいのですが、肉類やたまねぎ、ニラ、ニンニクなどは毛深くなることがあるそうですよ。

我が家は全体的に、いや、完全なる肉食傾向にあるため、心配なのが9歳になる娘さん。
なんだか腕毛が他の子よりも濃いような気がしているんですよね。
何を隠そう、私もうでの毛には小学校5年生くらいから悩まされていましたから・・・遺伝ですかね、はい。(涙:ごめんよ)

お風呂場にあるお父さんの髭剃りでこっそりうで毛、剃ってたなー・・・。

うちには末っ子の男の子7歳もおりますが、最近同じクラスの女の子の「うでのひげ」がすごいんだよ~って報告してくれます。

そう。

小学校の男の子の「見た目に対する襲撃って半端ない」。

そこで、うちでは娘が剛毛にならないように、私のように脱毛で悩まないようにと、せっせとヨーグルトを使ったデザートなんて作っているわけです。

ちなみにこちらは、日焼けでカサカサですが、息子の腕。
娘にはあえて、うでの毛を意識させたくないため写真など撮りません。(過保護)

とにかく、体質なのか息子の方がムダ毛が薄そう・・・っていう。

まあ、まだ小さいのでわかりませんけどね。

それに、今の時代は高校生になる前に脱毛に通いだす子もいますからね。
剛毛母子にとってはいい時代になったもんです。

話がそれましたけど、今回ご紹介したこのケーキはとってもおすすめ。
材料を混ぜて焼くだけ、そして一晩冷蔵庫に放置すれば、いや冷やしておけば、次の日にはとってもおいしく食べられます。

お客様にもお出しできるお味ですよ~。

手作りのスイーツは、どれくらいの脂肪分がとか砂糖はどれくらい入れたからとか、明確にわかるのも◎。
子供たちは母が太るのを極端に嫌がっているため、私のダイエットとしても手作りスイーツは欠かせません。

そしてそうそう、奥さん。
多少めんどくさいな~と思う手作りスイーツですが、お財布にも優しいからがんばれるんですよ。

もしかして・・・
毛深い娘が救われるかもしれない
もしかしたら私が太らないかもしれない
手作りでおやつ代を浮かせてハワイに行けるかもしれない

なんてことを考えて、私は今日もせっせとレシピを考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。